読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@なかさだの「終わり良ければすべて良し」 All's Well That Ends Well by @nakasada

日常の生活や気になるニュース、趣味のゴルフ、カメラの日記、つぶやきです。サブログhttp://nakasadaxnobel.hatenablog.com/

ドーパミンGOLF 鍛えろゴルフ脳 Season2 (2)を見て   ゴルフの雑談

 

どうも、なかさだです。

 

ぼんやりテレビを眺めていたら、おっといい番組があったので見ることにしました。

 

ドーパミンGOLF 鍛えろゴルフ脳 Season2

帰ってきたドーパミンGOLFです。

あれれ、なんかいつのまにかシーズン2になって、放送されてるしw

 

www.ntv.co.jp

www.ntv.co.jp

残念なのは日テレジータスじゃないと見られないんですよね。

けっこう面白いんですけどね、この番組。

 

練習しないで。頭の体操だけで貴方も上手くなる! ゴルフは脳を使えばシングルプレーヤーになれる!

練習嫌い、練習する暇がない、そんな普通のゴルフ愛好家のあなた。そんな人でもゴルフ脳を鍛えればシングルプレーヤーになれる。この番組ではツアーコーチの山本幸路プロがゴルフの技術ではなく、ゴルフの脳をいかに活用してゴルフをするかという命題を伝授します。

その秘策を体現するのが舞の海さん。ゴルフは大好きでのいっこうに上手くならない舞の海さん。しかし、考え方ひとつで上達していきます。

 

上記ページからの引用

 

前回の放送では、舞の海秀平こと舞ちゃんが山本プロの指導で1年かけて100切り期→95切り期→90切り期と順調に成長したのですが、ハンディが下がると上達が止まりやすい中、どのように変わっていくのか楽しみにして見ましたよ。

 

www.facebook.com

 

山本幸路プロはツアー7勝、プロコーチとしても実績がありジュニアの指導経験もあるからなのかは分かりませんが、技術指導は非常に見ていて分かりやすいです。

舞ちゃんは、前回の放送終了時には、山本プロにこれなら毎回80台でラウンドできると太鼓判を押されていたのですが、今の状況はどうなんだろう?

 

出演者

舞の海秀平
山本幸路プロ
稲見萌寧(JGA女子ナショナルチーム)
山下美穂子(日テレアナウンサー)

 

おっと今回の放送は女子アナに変わってるじゃないですか!

視聴者の気持ちをよく分かってるなG+(ジータス)

前回放送がSeazon2の1回め放送だったみたいですが、見逃したので再放送でも見ようかなと思いますねえ。

前回のシーズン1の流れからいくと舞ちゃんは、順調に行っていればシングルハンディ寸前まで上達していてもおかしくなさそうですが、それは放送のお楽しみですわなw

 

とりあえずTVだし前回の放送が、実際はけっこう盛っていたかもしれないので、面白そうではありますね。

ただ、スポーツ選手がゴルフに本気で取り組めば、かなり上手くなりますからね。

中田英寿片山晋呉マッチプレーするそうですし、原辰徳さんと水野雄仁がイ・ボミとプレーしたのを見ていたら、強かったです。

やっぱり勝負師は一味違うのかなという気はしますねえ。

 

放送が始まった。

舞ちゃん前と同じでクラブはテーラーメイドだけどドライバーはM2っぽいな。

(2)今回のテーマ 気楽に打て

 

Season2は16歳のトップ女子アマの萌寧ちゃんと舞ちゃんのラウンドみたいだ。

上級者も楽しめる番組に進化したらしいw

今は鍛錬期らしいが番組が進む中でハードルが上がって行くような予感。

番組の舞台はゴルフ倶楽部 成田ハイツリーです。

|ゴルフ倶楽部 成田ハイツリー|

 

最初のホールは17番151ヤード パー3

約20ヤードの打ち下ろし、砲台グリーンっぽい

このコース2グリーンですねえ。

 

舞ちゃん

グリーンセンター狙い Xプレッシャーがかかる

グリーン右端を狙うようにプロにアドバイスされる。

乗らなくてもいいやで打つ、乗ったらラッキーでハードルを下げて危険を回避する。

 

ピンに向かって対角線にアドレスして広くグリーンを狙ったが、フックしてサブグリーンにオンした。

ドロップして50ヤードのアプローチ

 

バンカーを避けて左を狙う

グリーンに乗せて上りのパット10mくらい

 

Xカップの周囲50cmに寄せたい

何も考えず無心で打て

しかし、アドレスに入ってから突風が吹いて、気になってパンチが入って1.5mオーバーする。

◯こういう場合は勇気を出して「待った」

仕切り直しするのが大切

 

ここで萌寧ちゃんからカップの穴は開いているから可能性は0%ではないからと言われ、いい感じに力が抜ける。

舞ちゃんは、嫌な下りの右に曲がる1.5mをねじ込んで、2オン2パットのボギーでホールアウト。

 

萌寧ちゃん

グリーンセンター狙いで、7アイアンでグリーンセンターにオンした。

 

8mのバーディトライ(上りの左に曲がるライン)

カップの横5cmで止まる

惜しくもタップインのパー。

 

山本プロ

アマ2人からプロだったら当然1ピンに寄せられるはずというプレッシャーw

グリーンセンター5mにオン(上りの左に曲がるライン)

 

バーディトライはプロサイドに1mほどオーバー。

簡単に入れてパー。

 

 

萌寧ちゃんに聞いてみようのコーナー

(Season2はワンポイントレッスンがなかったけど、これからもないのかな?)

 

上手くなるにはどうしたら良いですか?と舞ちゃんが質問すると効率よく練習することが大切と言われる。

萌寧ちゃんは毎日8時間練習しているそうだ。

さすがナショナルチームのメンバーだねえ。

 

舞ちゃんは萌寧ちゃんに四股踏みストレッチを伝授。

萌寧ちゃんは腰が引けて股関節がうまく入らないという悩みがあったそうだ。

腹筋(腸腰筋)にも効果があるそうです。

 

10番ホール449ヤード パー5

左ドッグレッグ HDCPは10のホール

 

舞ちゃん

X飛距離を稼ぎたい(ドライバーの飛距離は230ヤードらしい)

プロから150ヤード3回でグリーンに届くので、気楽に打てと言われるが力が入る。

 

力を抜くときのコツは、いったん力を思い切り入れることだそうだ。

ドライバーで打つが低いフックで右サイドのラフ。

 

ピンまで297ヤード

つま先下がり 左ドッグ(左サイドは木がある) 右はOB突き抜けてもOB

まずはフェアウェイに戻す選択をし、突き抜けない7アイアンでフェアウェイキープ。

 

ピンまで174ヤード打ち上げ11ヤード

185ヤード打つつもりで打ってと言われ4番のUTを選ぶが

手前のバンカーを避けるために(プロに言われ)6アイアンで打つ

 

ポイントは2番手下げて届かない安全なクラブ選択だそうだ。

 

バンカーには入らなかったが、バンカー横20cmくらいのところにボールが止まる。

アドレスするとバンカーがモロに視界に入る(右打者ならバンカー内にアドレスするような状況だった)

 

「気になりますねえ、怖いです」と思わず口に漏らす舞ちゃん

このショットをザックリしてバンカーに入れてしまう。

 

こういう時も仕切りなおしをして自分を盛り上げていくのが大切だそうだ。

 

雨で濡れて固くなっているバンカーからショット

 

フェースを開かないでアプローチのように打てとプロからアドバイスされる。

バンカーからは出るが、グリーンのカラーの手前でボールは止まる。

(前回放送ではバンカーが大嫌いと言っていたが簡単に出したね)

 

ここで慌てないで悪い流れを切るために一呼吸入れるようにアドバイスされる。

2回ミスしたショックを消すために(切り替えるために)グリーンを観察して間をとった。

 

グリーン手前(花道)からパターでワンパット圏内に乗せる。

右に曲がる1mを入れてダブルボギーでホールアウトした。

 

 

萌寧ちゃん

ドローヒッターでドライバーは250ヤード飛ぶそうだ。

 

短いパー5はチャンスホールなので、まずはセカンドが打ちやすいようにティショットはフェアウェイにボールを置く意識

 

ドライバーで打つがプッシュドローで、右サイドのラフに打ってしまう

とりあえずラフなのでフェアウェイをキープする。

 

状況はピンまで270ヤード、ラフだがボールは浮いている

3打目を100ヤード残したいので4番のUTでショットした。

 

ちょっとヒッカケてバンカーがかからない左サイドのラフ。

 

残り105ヤード左のラフ

PWでグリーン右サイドにオン(9アイアンとPWで迷ったが直感でPWを選んだ)

 

バーディトライは10mくらいか?上って下ってのラインを左に外す。

(年下の女子相手に言葉でプレッシャーをかける舞ちゃん、大人げないww)

20cmくらいをタップインしてらくらくパー。

 

おさらい

今日のテーマは「気楽に打て」

 

・長いホールは2打目の打ちやすさを優先すること

・悪い流れを断ち切る

・いざというときに集中できるように

プレッシャーがかからない場面では気楽にやることも大切

 

今回はこんな感じかな。

見ていて感じたのはコースマネージメントの差かなあ。

舞ちゃんは、山本プロが帯同キャディさながらに指示を出し、クラブを選択していたのに対して、萌寧ちゃんは、口に出した自分のコース攻略のプランどおりプレーしてたわ。

ショットは、やり切るだけ。

結果が悪くても状況を素早く判断して次のプランに変更するし、迷わない。

明らかにレベルの差がありすぎるねw

女子アナの山下アナも慶応ゴルフ部出身だそうで、舞ちゃんよりも上手いかもしれないなw

 

前の段階よりも、舞ちゃんがかなりレベルアップしているようで、ドーパミンが出るようなアドバイスは減ったような気がするけど、コースマネージメントの考え方は参考になりました。

番組的にはドーパミンが出るような格言がほしいところですよね。

気楽にやれだけじゃねえ。

やっぱりナショナルチームのメンバーというと実力はプロと変わらないですね。

恐るべし16歳です。

舞ちゃんは現在どのくらいのスコアでラウンドするのか明言してなかったけど、凡ミスが多かったね。

まるで自分のゴルフを見ているようだったわw

次回の放送も同じメンバーでやるみたいなんで楽しみですねえ。

再放送もあるようなので、また見たいと思います。

 

それでは、また。

 

過去記事

www.nakasadax.net

 

All's Well That Ends Well by @nakasada