読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@なかさだの「終わり良ければすべて良し」 All's Well That Ends Well by @nakasada

日常の生活や気になるニュース、趣味のゴルフ、カメラの日記、つぶやきです。サブログhttp://nakasadaxnobel.hatenablog.com/

カシオ、ゴルフのスイング分析ができるハイスピードカメラ+三脚セット ゴルフの雑談

ゴルフ ゴルフギア ゴルフ練習

 

どうも、なかさだです。

 

広告

 

 

わたしもごくたまにですが、自分のスウィングを撮影したりします。

撮影自体は簡単なのですが、狭い練習場の打席を考えると2階に行って空いているのを確認してからでないと撮れないこともありまして、面倒くさいです。

持っているレンズとかにもよりますが、一眼だとフレームにはいるまでカメラを下げないといけないし、三脚がないと正確な撮影はできなかったな。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

カシオは以前からEXILIMとかこういうカメラを作ってたけど、これは専用機みたいな感じですよね。

  カシオ計算機は、ユーザーがゴルフをしている様子を撮影し、スイングの分析ができるハイスピードカメラと三脚などのセット「EX-SA10 GSET」を6月17日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は45,000円前後。

 

上記記事からの引用

 広告

 

まあ、わたしはいらないんですけどw

今のカメラで撮れるんでね。

 焦点距離16mm(35mmフィルム換算)の広角レンズを備えた、耐衝撃・防塵・防水仕様のデジタルカメラ「EX-SA10」と、それを固定するミニ三脚、一脚ポール、バーマウント、さらにスマホを固定するホルダもセットにした製品。

 スマートフォン用のアプリ「EXILIM Connect for GOLF」を使い、カメラのEX-SA10をリモート操作。ユーザーのゴルフスイングをハイスピードムービーとして撮影し、アドレスからフィニッシュの部分を抽出。スマホへ自動で転送してくれる。

 動きを感知すると自動でセルフタイマーのカウントが始まり、カメラに触れずに撮影できる「モーションシャッター機能」を備えているので、1人でも撮影が可能。

 さらに、分析用のアプリ「EXILIM Analyzer for GOLF」も用意。動画に重ねるようにラインを引いてアドレス、トップ、インパクトなどのポジションの把握をしたり、2画面同時再生機能を使って過去のスイングと比較、角度表示でスイングのわずかな違いを数値化するなど、フォームの分析ができる。

 どちらもアプリも、iOS/Android向けを用意する。

 

上記記事からの引用

 

これもねえ、分析したから練習で治るのかとは、正直別問題なんですよね。

 

ただ、自分の意識とクラブの動き、体の使い方が動画だとぜんぜん違うと感じる方も多いかと思います。

わたしは過去に何度も自分のスウィングを見ているので、ああこうだよなと思うだけですけど、初めて撮影した自分のスウィングを見た時はビックリしましたね。

ちなみに自分の正面から写すのもいいですけど、飛球線後方にカメラを置いて(若干遠いくらいでいい)撮影するのも分かりやすいです。

 

動画で見るとスライスしている時はインパクト寸前までフェースオープンになっていたりとか、アドレスで違う方向を向いているとか軸が傾いたアドレスをしているとか気が付きますけど、直すのは難しいかなあ.........。

普段から鏡を使ってアドレスのチェックをしていたりする人は、問題ないかもしれませんがいきなり直そうと思っても違和感がすごいですよw

 

自分の癖がはっきり分かるので矯正はしやすいかもしれませんが、しばらくボールに当たらなくなるのに我慢できるかどうかとも言えますかね。

 

とりあえず自分のスウィングの問題を受け入れないと始まらないかもしれません。

単純にボールのポジションが悪かったくらいならいいんですが、スウィング自体にかなりの問題があって根本から直さないといけないとなるとゴルフ歴が長いほど、つらい日々が待っているかもしれませんw

 

でも、試しにやってみると楽しいかもしれないよw

わたしはボールが思ったように打てれば、どんなに見た目が変なスウィングでもOKだと思ってますがね。

そうじゃないから厄介なんですけどねw

 

それでは、また。

 

 広告

 

All's Well That Ends Well by @nakasada