読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@なかさだの「終わり良ければすべて良し」 All's Well That Ends Well by @nakasada

日常の生活や気になるニュース、趣味のゴルフ、カメラの日記、つぶやきです。サブログhttp://nakasadaxnobel.hatenablog.com/

自動運転技術「プロパイロット」を搭載した、日産 新型(5代目)セレナが登場!価格は300万円を切る!?を読んで

 

どうも、なかさだです。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

自動運転技術を搭載した自動車が300万円前後で買える時代がやってくるとは思わなんだなというのが率直な感想ですが、これからは当たり前になるんだろうなという気もしてます。

わたしが免許を取って、最初に買ったのはホンダのプレリュードだったけど、この車にはオートクルーズコントロールという機能があって便利だったです。

高速道路に入ったらオートクルーズのスイッチを入れると、ずっと同じ速度で走ってくれるというなかなか便利な装置でした。

高速を100kmで、ずっと走っていられる条件だと楽すぎて眠くなるほどでした。

平坦でカーブが少なくて通行料の少ない時には、よく使っていました。

20年以上前でも楽だったのにプロパイロットは、比較にならないくらい進歩してるんだろうなあ...

 

新型では「インテリジェントパーキングアシスト」「スマートリアビューモニター」「アラウンドビューモニター」と3つの新機能を採用し、これまで以上に乗る人すべてに優しいクルマへと仕上げている。

「インテリジェントパーキングアシスト」は、2013年10月に発売された3代目「エクストレイル」に搭載された、クルマが車庫入れや駐車をするときにアシストする運転支援技術。今回の新型セレナではさらに改良が加えられ、駐車のしやすさ、オペレーションのしやすさを改善している。

同じく3代目「エクストレイル」より搭載された「スマートリアビューモニター」は、新型セレナでは、デジタル映像技術を駆使し、よりリアルな映像を再現。これにより乗員が映り込み遮られるといったことや、悪天候での視認のしづらさを解消している。

そして「アラウンドビューモニター」では、ドライバーにクルマを上から見た絵を展開し、それによって駐車を簡単にしたり、周囲の安全の確認を促す。今回は新型セレナにも人や自転車などクルマの周りで動いてるものを知らせ、単に見えるだけでなく、危険を知らせる。

 

上記記事の引用

 

 

わたし車庫入れがずっとヘタなまま運転してきたので、こういう装備があればいいなとは思いますねえ。

確かバックモニターはこれからは標準装備になるということなので、これから新車を買われる方は恩恵を受けられるということかな。

駐車場でバックしようとしたら、横から急に他の車に横切られてヒヤリとしたなんてこともなくなるだろうからいいよな。

 

ユーザーに快適なドライビングを提供する上で重要な要素として、多彩なシートアレンジなどに加え、日産として初採用となる自動運転技術「ProPILOT(プロパイロット)」が挙げられる。

かねてより日産では、クルマが社会においてネガティブに作用する現象を、技術によってクリアーするべく開発を進めてきた。

その上で「プロパイロット」は、高速道路における単一車線での使用を前提に、渋滞走行と長時間巡航走行の2つのシーンで、アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動でコントロールし、ドライバーの負担を軽減する日本の自動車メーカー初の技術となる。

ドライバーが設定した車速(約30km/h~100km/h)で走行できるほか、高度な画像処理技術でクルマが道路と交通状況を把握。先行車との距離を保つよう自動でアクセルとブレーキをコントロールし、追従と停止に加え、停止保持まで可能とし、さらに直線やコーナーで車線の中央付近を維持するステアリング制御も行なう。

操作はステアリングスイッチで簡単にシステムを起動・設定できるほか、システムの状態を分かりやすく表示する専用ディスプレイが装備されている。

シートでは、多彩なシートアレンジが行えるほか、背骨で全体に均一に圧力がかかるようシートバックの構造を抜本的に変更した「ゼログラビティシート」を採用。これにより長距離ドライビングでも体への負担を大幅に低減している。

 

上記記事の引用

 

うーん、どうなんだろう?

これって事故が増えそうな気がするんだが、気のせいか?

ドライバーの負担を軽減するという意味ではいいと思うけど、公道はイレギュラーなことが多いから機械が、ちゃんと反応するのか不安だわ。

 

でも、日産では20万キロ以上のテスト走行をしたらしいので、誤作動の心配はないんだろうね。

20万キロなんて言ったら、人によっては一生ぶんの走行距離だからなあ。

雨の日は苦手らしいのは、人間と一緒みたいですけどね。

あと雪道でどうかですね。長野県は冬場路面が凍結するんでね。

 

でも、こういうの見ると試乗してみたいよな。

とか言って日産に行ったら乗せてくれないとは思いますが、新しいスカイラインのGTーRに目が釘付けだと思いますね。

1時間貸してくれないかなww

 

 

それでは、また気になる自動車が発売されたらネタにします。

 

 

All's Well That Ends Well by @nakasada