読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@なかさだの「終わり良ければすべて良し」 All's Well That Ends Well by @nakasada

日常の生活や気になるニュース、趣味のゴルフ、カメラの日記、つぶやきです。サブログhttp://nakasadaxnobel.hatenablog.com/

第145回全英オープン ステンソンがメジャー初V ミケルソンとのデッドヒート制す

PGAツアー ゴルフトーナメント メジャートーナメント スポーツ観戦 ゴルフ

 

どうも、なかさだです。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

今日の深夜ゴルフネットワークで最後までライブ中継を見てたんだが、まさに死闘という感じの勝負だったですよね。近年稀に見る好勝負だったと思います。

広告

 

 

3日めも同じペアリングで、ステンソンは1打差12アンダーからのスタートでしたけど、いきなり1番ホールでミケルソンのとんでもないショットを見て度肝を抜かれました。

最初からメジャーの最終日というよりは、完全にマッチプレーと変わらない雰囲気でした。

ミケルソンは1番ホールでリードして笑ってましたからねえ。

1番ホールはグリーンを右手前に外し3パットしてボギーだったけど、ステンソンは3連続バーディーを獲って崩れる気配は微塵もなかったし、ミケルソンも一歩も引かないぞという気迫あふれるプレーぶりでした。

4番ホールのイーグルも凄かったです。

 

放送中アナウンサーが36ホールのマッチプレーをしているようだと言ってましたが、まさにその通りの様相でしたね。

ロイヤルトゥルーンは、バック9が難しいという印象でしたが、2人ともゲームプラン通りプレーを組み立てている気がしました。

風が弱くなり薄日が指していて、早く回った選手たちより条件は優しくなっていたと思うのですが、それでも後半のステンソンのプレーは圧巻でした。

ミケルソンも途中、凄いパーセーブを2回見せて食いついていたけど、ステンソンは神っていたようなプレーぶりだったです。

ミケルソンはパットで、お先を2回くらいして、プレッシャーをかけていたけどステンソンは気にしていないようにも見えました。

メジャーというよりマッチプレーでしか見られないようなプレーぶりだったです。

 

news.golfdigest.co.jp

 

15番ホールのフリンジからのロングパット15ヤードほどあったみたいですけど、ステンソンが、あれを入れたのは信じられなかったですねえ。

あんな長いのがジャストタッチで入るなんて信じられなかったです。

ミケルソンが一瞬表情を変えたようにも見えましたからねえ。

 

続く16番パー5のホールでミケルソンは、グリーンに2つで乗せたけど、あのイーグルパットはなぜ入らなかったのだろうと思えるくらい昨日はパターが打てていましたねえ。

ほんの1~2インチの曲がりが勝敗を分けたような気がしました。

 

このホール、ステンソンはティショットはアイアン(ホールの途中に溝があるので)2打目を得意な3ウッドで打って、左に曲げて(左からフェードボール狙いが引っかかったらしい)フェスキューの深いラフに入れてしまった。

大ピンチだったんですよね。

でも、アプローチがピンに寄ったのでバーディーが狙えるところまでカムバックしてた。

先にイーグルパットを打ったミケルソンは、運がなかったとしか言いようがなかったです。完全に入ったように見えましたからねえ。

ステンソンは、このホールもバーディートライを決めて勝負あったかなと思いましたね。

次の17番ホールもステンソンは、いいショットを重ねてバーディーかと思われたが、確かボールがカップに蹴られたんじゃなかったかな。

 

最終ホールのミケルソンは力尽きた感じだったけど、ステンソンは淡々とプレーしているように見えた。最後のパットも決めて20アンダーパーという信じられないスコアで初メジャーを獲った。

ステンソンは最終ホール、泣いてるんじゃないかとかアナウンサーが言ってたけど、最後まで集中していたようにも思えました。

 

40歳代の2人が力の限りを尽くして戦った見事な試合でした。

広告

 

ミケルソンは最終日にミスして崩れたわけじゃなくて、ボギーなしの65と素晴らしいプレーだったです。メジャー5勝の経験がある選手だから、今日は勝てると信じていたと思うが、ステンソンのプレーは圧巻でした。

最終日に63ですよ。完全優勝です。

10バーディーで2ボギーだもんな。信じられない結末でした。

 

対するミケルソンは1イーグル4バーディーの65ですから、普通の条件だったら勝っていてもおかしくなかったと思います。

運が悪かったとしか言いようが無いですよ。最高のプレーをしながら負けるというのは、納得がいかないだろうけどね。

 

飛ばし屋のJ.Bホームズもいいプレーぶりだったけど、最終組の2人のプレーが凄すぎてかすみましたね。

 

しかし、今大会は全英オープンの優勝スコアとは思えない結果だったのは、面白かったなあ。

タイガー・ウッズの19アンダーパーの時は、一人旅だったんですけど、今回はベテラン2人が最高の技術で競い合ったマッチプレーのようなラウンドでしたからねえ。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

帽子に喪章をつけてプレーしていたのは友人のためだったんですね。

約束は果たせたんじゃないかな。

本当に素晴らしいプレーだったですね。

ステンソンが今後どうなるかは分からないけど、一生分の運を使いきってしまったのではないかと思えるようなラウンドでしたね。

 

次のメジャーは全米プロ選手権ですが、またラウンドを見たら記事にしたいと思います。いやあ、久々にゴルフの試合を見て感動しましたよ。

ラウンドしたくなりましたからねww

 

それでは、また

 

 

参考記事

headlines.yahoo.co.jp

 

headlines.yahoo.co.jp

 

headlines.yahoo.co.jp

 

広告

 

 

 

 

 

All's Well That Ends Well by @nakasada