読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@なかさだの「終わり良ければすべて良し」 All's Well That Ends Well by @nakasada

日常の生活や気になるニュース、趣味のゴルフ、カメラの日記、つぶやきです。サブログhttp://nakasadaxnobel.hatenablog.com/

第98回全国高校野球選手権大会 甲子園決勝 北海対作新学園を見て

野球 高校野球 スポーツ観戦 テレビ 季節ネタ

どうも、なかさだです。

 

4回から見た。(2回に北海が1点先制していた)

決勝戦は、南北海道代表 北海高校対栃木県代表 作新学院の対戦

気温は37℃を超え、こんな天気の日に子供が、試合をやるのはどうかと思われるような快晴で試合は行われた。

 

北海はノーアウト満塁の場面、7番バッターをファーストゴロで打ちとったと思ったが、ファーストがグラブに触れられずエラーの判定で1対1の同点に追いつかれた。

しかし、ビデオで見ると明らかにファウルだったので、(ベースの前でボールが切れた)主審の判定ミスだろうね。

北海は抗議したが受け入れられなかった。

大谷くんは明らかに連投で疲れている感じだった。

3対1でピッチャーは左腕の多間くんに交代、大谷くんはレフトに入ったが、作新の勢いは止まらずビッグイニングになってしまった。

打者一巡11人、何とか5対1でこのイニングは止まったが、流れは作新に行ったような気がした。

4回裏は北海の攻撃は、ヒットは出たが、作新のレフト鈴木くんの素晴らしい攻守で流れを切られたようだった。

 

 5回は作新学院が、9番バッター三振振り逃げの間に(キャッチャー1塁送球の間に)三塁ランナーの鈴木くんがホームに突っ込んで得点した。

 これで6対1。

 

6回は北海が連続安打でチャンスを作るが後が続かず無得点。

今井くんの粘り強いピッチングが光る。

 

7回は作新のラッキーボーイ鈴木が出塁。送りバントで3塁に進む。

ここでタイムリーが出て7対1。

9番今井くんの打席、センターに抜けようかという打球を北海のセカンドが素晴らしいフィールディングで止めてダブルプレーで何とか切り抜けた。

 

ここで作新のキャッチャー鮎ケ瀬くんが治療のためベンチから出てこれず、間があく。

今井くんはこの回で100球を超えたが、連続三振で北海にチャンスを与えない。

 

8回は作新も3者凡退。北海も3者凡退で終わる。

 

9回も作新は3者凡退。

北海は途中から登板した多間くんがセンター前ヒットノーアウトで出塁。

ここで代打がショートゴロダブルプレーかと思われたが、ショートの送球がそれて助かった。

大谷くんは見逃し三振、手が出ない。

ラストバッターの鈴木は三遊間を抜けるヒット。これでランナー1、2塁。

なんと1番バッターの打席、ボールがバッターの足元に行ったとき、3塁に2塁ランナーが突っ込み、途中変わったキャッチャーの仲尾くんが、いい送球でアウトにした。

あっけない幕切れだったな。

 

こうして作新学院は54年ぶり2回めの夏の甲子園優勝を果たした。

北海高校は野球部創立116年目にして初の甲子園準優勝だった。

 

この試合は4回の攻防が全てだったように思う。

最初の得点がファウルの判定だったら、どうだっただろうかと思うね。

確かにノーアウト満塁ではあったが、ツイてなかったとしか言いようが無いかな。

 

作新のピッチャーの今井くんは、この暑い中130球を越える力投だったけど、いいピッチングだったね。

今年は決勝戦以外の試合は見なかったけど、熱戦でした。

 

 しかし、高校野球も選手が素晴らしく進化しているような気がしますね。

最終的な夢がメジャーリーグで活躍するだったら、目指す地点が違うもんな。

わたしが子供の頃より選手は減っているだろうけど、質は年々上がっているようにも思えます。

そうやって松井やイチローみたいなのが出てくるのが、楽しみですね。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

それでは、また来年。

 

 

 

 

All's Well That Ends Well by @nakasada