読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@なかさだの「終わり良ければすべて良し」 All's Well That Ends Well by @nakasada

日常の生活や気になるニュース、趣味のゴルフ、カメラの日記、つぶやきです。サブログhttp://nakasadaxnobel.hatenablog.com/

暇だったので、金谷プロのクラブ一刀両断を見てたら  ゴルフの雑談

 

どうも、なかさだです。

今回もしょうもないゴルフクラブネタなんで閉じときますね。

 

広告

 

 

 

 

 

 

今日は、あまりに暇だったので、GDOの動画を延々と見てました。

「金谷プロのクラブ一刀両断」(ドライバー編)を見てたんですが、クラブ試打マシーンとも言える金谷プロでも、クラブによって打ちづらそうなものがあるのが、印象的だったかな。

この人、年間に発売されるドライバーは、メーカーを問わず何本打ってるんだろうというくらい打ってますよね。

ただ、プロでも、やっぱり自分にあったスペックじゃないドライバーだと難しいものがあるようです。素人考えだけどね。

movie.golfdigest.co.jp

 

動画を見た感じ金谷プロにジャストフィットはコレかなw(完全に脳内です)

次点はダンロップのスリクソンZ765ドライバーみたいな気がしました。

基本的に金谷プロは、ドローヒッターだと思うんですけど、ヘッドスピードはアベレージ向けのドライバーを打っている時は、シャフトはSだと思うけど44~45m/sに抑えて打っているみたいですね。

もう少しシャフトが柔らかい時は、抑えて振ってヘッドスピードをもっと落としているようです。

普通に振ったら47~8は楽に出そうですよね。

毎回収録はコースの打ち下ろしホールを使用して弾道測定器で、データを測っているようですが、どのドライバーを打っても似たような飛距離になっているのが凄いですw

ただ、ドローバイアスが強いドライバーは、やはりかなり打ちづらいようでヤマハインプレスUD+2はぜんぜん飛んでませんし、加減している様子が見て取れます。

というか、このクラブだけは、なぜかフックスピンかかりまくりですw

 

広告

 

 

 

シニア用でスライサー向けでシャフトも柔らかく総重量が軽いという、多分、絶対に自分では選ばないであろうクラブでも打てるのは、プロならではかなと思います。

グローレも、あまり飛んでいなかったけど、打ち上げ角度が18度とテンプラみたいな弾道だったようです。

テーラーメイド契約のシニアプロが使っているのは、ロフトが立っていてシャフトが硬いんだろうなと推察できるような結果です。

M1 460ドライバーは調整が効くドライバーのせいか、飛んでますね。

(ヘッドスピード45.3m/sで271ヤード、キャリーは250ヤード)

どんな調整をして打ったのかは謎ですけど、XXIO 9ドライバーと同じくらい飛んでいます。

でも、XXIOは9.5度のロフトのものを使っていたようにも見えるし、動画を見るとけっこう振ってるように見えるんですよね。(ヘッドスピード45.1m/sで272ヤード)

ダンロップはスリクソンのドライバーも出していますが、Z765 は上級者向けというか金谷プロのスウィングに合っているみたいで、データもこのクラブだけは、スライススピンがかかっています。

サイドスピン83rpmなんて、ほとんど真っ直ぐだけどね。

総合評価は4.6(5点満点)だけど、これは難しいと思うわ。

 

よく分からないのがBSのPHYZも総合評価が4.7(最高評価)なんですよ。真逆だと思うんですけどね、この2本。シャフトもSRだそうで40m/sくらいで打ってるし。

アベレージ向けとしては文句なしという評価なんですかね。

 

ちなみにシャフトが柔らかいほど、ヘッドが遅れて入るらしくて、右への打ち出しが、やや強くなるというのは興味深い結果ですね。

さすがにプロはアマと違って、インサイドからクラブ振ってますよね。

ダンロップのMIyazakiシャフトは手強いらしく、これが打てるようになって下さいって言ってますわ。

PRGRのシャフトのM-46もけっこう硬いらしくて、ヘッドスピードが50m/sくらいまではイケると言ってますから、アベレージは手を出さないほうが無難なのかもしれませんね。

しかし、各メーカーでシャフトの硬さと表示が、ぜんぜん違うのによく打てるもんだなと関心しますよね。

限りなくAに近いRフレックスから逆にXに近いSフレックスまで、色々ありますからね。シャフトの重量も50g前半から70gに近いものまでありますし。

 

シャフトとヘッドの組み合わせで、がらっと変わることが多いドライバーですが、わたしだったら絶対に手を出さないだろうなというのはPINGのGドライバーかな。

というか、これ多分9度のロフトのものを打っているんですが、テスト結果は2300rpmという低スピン。

今のドライバーは打ち上げ角度は、自動的に出るみたいですが、わたしが打ったら多分地を這うように飛んで上がらないだろうという感じがします。まあ、ロフト10.5度とかでもキツそうですなw

もう進化するところがないような感じもする今時のドライバーですけど、色々見てみるとメーカーごとに違いがあって、けっこう面白いですね。

わたしは、あんまりクラブの顔を気にしないタイプだと思ってたけど、見た瞬間にコレは無理というのもありましたし、好みの顔はあるみたいですわ。

わたしはスペックに拘らないというか、コースで使ってみての結果重視なので、動画を見たら逆に混乱しますね。

今年はぜんぜんゴルフをやっていないので、来年あたりの新製品を使ったらやたら簡単で驚くようなことになってたらいいなとは思ってますけど、ナイキもクラブ事業から撤退したし、あんまり変わらないのではないかという予感もします。

まあ、クラブでもなんでも買う前が楽しいんですよねw

ゴルフもやらないんでドライバー買い換える理由すらないんだがね。

 

それでは、また。

 

広告

 

 

 

 

 

All's Well That Ends Well by @nakasada