読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@なかさだの「終わり良ければすべて良し」 All's Well That Ends Well by @nakasada

日常の生活や気になるニュース、趣味のゴルフ、カメラの日記、つぶやきです。サブログhttp://nakasadaxnobel.hatenablog.com/

パシフィック・リーグCSファイナル第1戦 北海道日本ハムファイターズ対福岡ソフトバンクホークスを見て

 

どうも、なかさだです。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

今日は、久しぶりに日本のプロ野球を見てました。

わたしは中日の最下位が確定して以来、すでに来シーズンに心が飛んでいるのですが、たまたまCSがやっていたので見ることにしましたよ。

目当ては、やっぱり大谷くんですね。

正直どっちが勝とうが、どうでもいいのですが、頭の悪い年季の入った野球ファンなので、見始めると真剣に見てしまいますね。

試合自体は、日本ハムビッグイニングを作って、途中で完全に勝敗が決してしまった感じだったんですけど、大谷くんのピッチングをじっくり見れましたかね。

野球自体を見るのが、高校野球の甲子園以来なので、どんだけ間が開いてるんだとツッコまれそうだけど、最近はそんな程度しか野球も見ませんね。

しかし、先発で登板、8番バッターで打席に入るという二刀流ですが、もはやマンガですね。

ちゃんとヒットも打ちましたしね。

打ち方は、ちょっとヘンですね。

でも、パワー有り余ってる感じですから飛ぶんだろうな。

体のサイズが日本人じゃないですからねえ。

栗山監督と並ぶと大人と子供に見えますしw

広告

 

 

 

三振は、途中まではあまり取っていなかったけど、この日は最速158kmというストレートに140km台のフォークボールとスライダーという、これまで(40年以上)わたしが見てきたピッチャーの中でも格段にスペックが高い感じでした。

(後半は7イニングで6三振と奪三振ショーだった)

球速が158kmには見えない感じなんですけどね。(162km出てたっけ?)

スピードガンが甘いという説もありますが、普通に投げたら150kmを簡単に越えるというのは、そうあり得ません。

バッターも空振りしないし、バットには当てられるけど球威がある感じで、重いボールを投げてそうな印象でした。

ボールの回転の問題だと思うんですけど、キレがあるというタイプではないですね。

超が付く豪速球ではあるが、ストレートは見せ球にしてフォークとスライダーで打ち取るタイプに見えますね。

まあ、そのストレートも簡単に前に飛ばないんですけどね。

でかくて角度があって、縦の変化が大きくてボールが重いというと、昔よく日本に来たメジャーリーガーみたいな印象ですね。

顔は日本人ですが。

いいピッチャーが簡単にメジャーに行ってしまう今の日本球界の中では、巨人の菅野と並んで、トップクラスの逸材ですな。

阪神の藤浪もいいピッチャーですけど、今年は苦しんだかな。

 

広告

 

 

というか、こんな日本人のピッチャーを見たことは、今までありません。

近年、見ていて素晴らしいピッチャーだなと感じたのは、ダルビッシュ田中将大ですけど、現時点でも同じレベルくらいかもしれません。

小久保氏の解説によると変化球が指に引っかかりすぎて、いいときと悪い時で差がありすぎるらしいが、今日はそうも見えなかったので、シーズン中に成長したのかもしれません。

セットで投げてるんで、ワインドアップで投げられたら、もっと威力が出そうな気がしますけど、制球がつかないんでしょうね。

ボールをリリースするときの腕の位置は意外に低いんですが、このままフォームは変わらないんだろうな。ボールは速いですし、結果が出てますしね。

 

というか同じファイターズの4番の中田とホームランバッターのレアードとストレート一本の力勝負させたら、札幌ドームだと広いんで詰まって入らないかもしれませんね。

褒めすぎな気がしますが、過去40年間で今までテレビで、こんな凄いプロ(素材)は、正直言って見たことがないです。

過去の選手で言えば、松井とか清原クラスの規格外の馬力を持つピッチャーですな。

日ハムのクローザーのマーティンが、身長が2メートルあるんですけど、タイプ的には似てますね。やっぱどう見ても外人っぽいよな、大谷くんは。

 

日本ハムの吉井ピッチングコーチに聞いても、多分、日本人では過去にこんなピッチャーは見たことがないと答えるでしょう。

スピードだけなら若い頃の伊良部も凄かったけど、一瞬でしたし。

吉井コーチは、メジャーでプレーした経験もあるのでメジャーでも、そんなにいないと答えるかもしれませんね。

過去の日本の選手で比較になりそうなのは、あの伝説の400勝投手の金田正一さんくらいまで、逆上らないといなそうですわ。

故障しなければ、とんでもない記録をメジャーでも作るかもしれません。

日本に留まる器じゃないですね。

もったいないというか、ずっと日本で見ていたいピッチャーですが。

まあ、今日は久しぶりにいいモノを見せてもらいました。

サッカーに押されても、日本のプロ野球も捨てたもんじゃないね。

 

それでは、また。

 

広告

 

 

 

All's Well That Ends Well by @nakasada