読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@なかさだの「終わり良ければすべて良し」 All's Well That Ends Well by @nakasada

日常の生活や気になるニュース、趣味のゴルフ、カメラの日記、つぶやきです。サブログhttp://nakasadaxnobel.hatenablog.com/

SMBC日本シリーズ第1戦 広島―日本ハム(2016年10月22日 マツダスタジアム)を見て

スポーツ スポーツ観戦 テレビ ニュース・ななめ読み プロ野球 日本シリーズ

 

どうも、なかさだです。

今日は、野球観戦歴40年以上のゆるいオッサンの感想です。

headlines.yahoo.co.jp

 

広告

 

 

結果から言えば、日本シリーズ第1戦は広島が勝ったが、点差ほどラクな試合ではなかったように感じた。

広島のホームラン2発は、いずれもストレートを狙われて、打った瞬間に入ったと分かるような当たりだったかな。

というか、大谷はあのイニングから急に速球が遅くなって150キロくらいしか出なくなったのは疲れだったのか、雨の影響でバランスを崩していたのか、よく分からない。

ただ、松山もエルドレッドも完璧にボールを捉えていたので、今日は大谷の球威が今ひとつだったように感じた。

序盤の大谷は、あまり制球が良くなくて、ボールとストライクがはっきりしていたし、最高速度も150キロ台で圧倒的だったシーズン後半のような感じではなかったが、6イニング2/3で、それでも11三振を取った。

それでも、やはり札幌ドームはスピードガンを盛っているのかもしれないw

打者としても、センターオーバーの2塁打(雨が降っていたので、あんなに伸びるようには見えなかった)と足を生かした内野安打で2安打と怪物ぶりは見せられたと思う。

フォークボールが、ほとんどワンバウンドになってしまって、本来の出来からは程遠い感じだったが、味方が、もっと得点を取れれば違う展開になっていたかもしれない。

日本ハムはランナー1,2塁が2回といい場面もあったが、ともに併殺打であっさりチャンスを潰していた。(中田と代打の矢野)

大谷の登板で抜擢されて、4番に座った左バッターの松山の追加点となるソロホームランに比べると、同じ4番でも試合の前半2回のチャンスで打点を上げることができなかった中田翔は、今後の試合で復活できるのか怪しい感じがした。あと陽岱鋼もね。

日本ハムは、広島先発のジョンソンから完璧なホームランを打ったレアードの得点の1点で、今日は終わったが、9回までで10安打しているので、あと1本出ていればという流れだったと思う。

日本ハム代打の近藤のセンターへの大飛球を、丸が背走して素晴らしいプレーでアウトにしたのも大きかったし、ホームで勢いに乗った広島が勝った試合だったかな。

 

広告

 

 

わたしは中日ファンなので、どちらが勝っても別に何とも思わないけど、どちらのチームも粘っこい野球をするなと感じた。両チームとも、あっさり試合が終わらないような感じがするんだよな。

さすが両リーグの優勝チームらしい素晴らしい試合でしたね。

明日も見ると思うけど、何となくだが、このシリーズはホームでしか、どちらのチームも勝てないような気がするので、明日も広島が勝つという予想にしておくか。

でも、真田丸を見ないとなw

 

それでは、また。

 

広告

 

 

 

All's Well That Ends Well by @nakasada