読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@なかさだの「終わり良ければすべて良し」 All's Well That Ends Well by @nakasada

日常の生活や気になるニュース、趣味のゴルフ、カメラの日記、つぶやきです。サブログhttp://nakasadaxnobel.hatenablog.com/

“最後の砦”コンビニ灰皿が消える? 受動喫煙被害、狭まる愛煙家包囲網を読んで

ニュース・ななめ読み ネタ ボヤッキー 健康 懐古ネタ 政治と経済 暮らし 病気・医療・ヘルス 雑感

 

どうも、なかさだです。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

  2020年の東京五輪パラリンピックを控え、受動喫煙防止の動きが広がる中、コンビニエンスストア前に置かれた灰皿が岐路に立たされている。本来は入店前にたばこの火を消すのが目的だが、店先で喫煙する人が後を絶たず、受動喫煙を理由に住民がコンビニ相手に訴訟に発展するケースも出てきた。たばこの値上げや路上喫煙禁止条例など、愛煙家への包囲網は狭まるばかりで、喫煙人口も減少。かつて当たり前だったコンビニの灰皿が、姿を消す日も遠くないかもしれない。(加納裕子)

 昼下がり、コンビニ前の灰皿で男性サラリーマンが一服。しばらくすると、別の男性も近づき、ライターでたばこに火を付ける…。全国のコンビニ前でよくある光景だ。大阪市は御堂筋沿いや市役所周辺などでの路上喫煙を禁じる条例を平成19年に制定。コンビニ前は貴重な“喫煙所”となっている。

 

上記記事から引用

 

f:id:nakasadax:20170202181948p:plain

 

わたしもタバコを吸いながら、ブログを書いていることが多いのだが、そろそろ止め時きじゃないかなという気はしている。

30年以上も吸っているから、禁煙外来でも行かなければ止められないとは思うけどね。

わたしも平成生まれだったら、タバコを吸っていなかったかもしれない。

taspo(タスポ)が導入されてからは、自販機でタバコを買えなくなったからなあ。

 

以前も書いたが、わたしは小学生の頃というと、父に頼まれて1000円もらってタバコを買いに行っていた。

当時はセブンスターが180円だったので5個買って、お釣りの100円はお駄賃でもらっていたので、夏はアイスを買って食べながら家に帰ったものだった。

ホームランバーが好きだったけど、1個30円だったかな。

70円あったら駄菓子屋に行けば、まだ何か買えたっけ。

わたしが喫煙を始めたのは、まだ中学生だったけど、どこの自販機でも自由にタバコが買えたので、吸おうと思えば誰でもタバコを吸えたと思う。

今はタバコは毒とパッケージに書いてあるけど、当時は大人の男性は、ほとんど喫煙しているような感じだったし、コマーシャルも多かった。

ちょうど高校時代は、バイクが流行っていたけど、レーシングマシンのスポンサーはタバコ会社が多くて、ホンダがロスマンズでヤマハはラッキー・ストライク、スズキもマルボロだかどこかのタバコ会社だったかな。

今とは違って、タバコのイメージ自体がカッコいい時代だったから、その後のF1ブームの時でもレーシングカーの車体には、タバコ会社のロゴが入っていたので、無意識に子供は憧れたと思う。(今はなきマイルドセブンもあったよな)

マーケッティングというかイメージ戦略ですな。

まあ、そうはいっても、タバコを吸わない人もたくさんいたので、若いうちにニコチン中毒になった人が、今よりもかなり多かったんだろうね。

 

わたしも今ちょうどセブンスターを吸っているのだが、30年前には200円で買えたものが、今は460円でないと買えないというのは、さすがにバカバカしいので、やめたいとは思っているのだが、やめられない。

覚えている限りで180円→200円→220円→300円→460円と、この値上がり方は何なんだとは思う。

さすがに公共の場所では喫煙を控えるが、吸える場所があればタバコは吸うので、外出先に灰皿があれば、用事がなくとも一応寄ったりもする。

コンビニの前で時間調整で一服したりもするしね。

飲食店も必ずといっていいほど、タバコを吸える店を選ぶことが多いし、だんだんと面倒くさくなってきているのは、もう何年も感じているので、やめようかなと思うことが多くなった。

外出先での店の選び方というのが、タバコが吸えるかどうかという判断基準になってきてから随分経つような気がするね。

あとは、自分の車の中以外では外出先では、タバコを吸えなくなる日が来ると思ってますよ。

 

というか販売するのを止めてくれたらいいのにな。

販売自体が禁止になれば、その日から禁煙外来に通ってニコパッチのお世話になるだけだろうけどね。

受動喫煙の問題が、これほど大きく取り上げられるとは、思っていなかったけど、もはやスモーカーは少数派だからなあ。

よく分からないのが副流煙による被害で、自分は吸わないけどダンナが何十年もタバコを吸っていたので、嫁さんが肺がんになってしまったとかあるけど、そんな毒を国が専売で、分かっていて、よく売っていたものだなと思うわ。

どこかで読んだし、実際に言われたこともあるけど、喫煙者が息をすると体内からニコチンを含んだものが排出されるらしいんで、同じ部屋で息もできないよね。

まあ、過去には、日本では薬局で覚せい剤が買えたくらいだから、健康への考え方は時代によって代わっていくものだとは思うけどね。

 

今日からやめるという勇気が、わたしにはないので、まだ吸い続けるだろうけど、年内に止めたいものだなとは思ってますよ。

でも、完全にニコチン中毒なんで、突然止めたら何か発作が出るかもしれんな。

まあ冗談ですけどね。

いつになるのかは分かりませんが、禁煙外来に通うようになったら記事にするかもしれません。

とタバコネタの時は毎回書いてるんじゃないかな。(意志が弱いから)

やはり、この日からと決めて、タバコは、すっぱり止めてしまったほうがいいのかもしれないですね。

周りの人に迷惑だし、肩身も狭いですからね。

うちの猫もしゃべらないけど、臭そうな顔するし迷惑だと思ってるんだろうな。

それでは、また。

 

広告

 

 

 

 

 

All's Well That Ends Well by @nakasada