読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@なかさだの「終わり良ければすべて良し」 All's Well That Ends Well by @nakasada

日常の生活や気になるニュース、趣味のゴルフ、カメラの日記、つぶやきです。サブログhttp://nakasadaxnobel.hatenablog.com/

新型「プリウスPHV」発売 バッテリーの容量2倍にを読んで

 

どうも、なかさだです。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 トヨタ自動車は15日、充電して走れるプラグインハイブリッド車(PHV)の「プリウスPHV」を5年ぶりに全面改良し、売り出した。ガソリンなしで走れる距離を2倍以上にし、見た目も一新。月間2500台の販売をめざす。

 

PHVは一定の距離なら電気だけで走る。電気自動車(EV)と違い、電池が切れたときにもハイブリッド車(HV)として走れる。

 新型プリウスPHVは、バッテリーの容量を約2倍に増やし、電気で68・2キロ走れる。HV走行の燃費もガソリン1リットルあたり37・2キロ。旧型より約2割改善し、アクア並みにした。ソーラーパネルを屋根につけることもできる。

 

上記記事から引用

 

プリウスPHVがモデルチェンジしたらしいが、一番驚いたのはルーフに太陽光発電のシートを装着できるという点だった。

ついにそこまで来たのかという感じはする。

わたしはPHVはおろかHVの恩恵すら味わったことがないというか、今の今までガソリン車しか乗ったことがないので、思わず試乗に行きたくなってしまった。

 

f:id:nakasadax:20170216180635j:plain

(ディーラーで写真撮ってる俺って何なんだろ?)

 

自動車もHVからPHV、水素など、あまりガソリンを使わなくても走れる時代が来るなどとは、思ってもみなかったが、もっと進化は加速していくだろうと思う。

20世紀には、ガソリンはいつか枯渇するとよく言われてきたものだが、こういう流れだとあまり関係なくなっていくのかもしれないね。

若かった頃を考えるとスタンドでガソリン60リッター入れても、せいぜい500kmも走ればよかったもんだが、今なら条件が良ければ3倍は走る感じだもんね。

今は、どこにでも自動車用充電器が置いてある時代だし、家庭でも充電可能というのは便利だわ。

 

でも、わたしは、普段の生活でそういった科学技術の恩恵を、全然授かってないけどね。

2010年過ぎたころから一気に加速してきたなとは感じていたけど、乗り遅れすぎです。

貧乏な割に、意外にコストがかかる生活といってもいいかもしれないわ。

まあ、そういう点は改善していきたいとは思いますがね。いつになるやら。

それでは、また気になる新製品が出たら記事にしたいと思います。

 

じゃあ、また明日。

 

広告

 

 

 

 

 

 

 

 

All's Well That Ends Well by @nakasada