読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@なかさだの「終わり良ければすべて良し」 All's Well That Ends Well by @nakasada

日常の生活や気になるニュース、趣味のゴルフ、カメラの日記、つぶやきです。サブログhttp://nakasadaxnobel.hatenablog.com/

超ハードヒッターに朗報!! NEXGEN JET BLACK(ネクスジェン ジェット ブラック)ドライバー試打インプレッション ゴルフの雑談

 

どうも、なかさだです。

 

今回のエントリーは、ゴルフパートナーのブランドNEXGEN(ネクスジェン)の新発表のドライバー、JET BLACKドライバーの試打インプレッションです。

今回も盛大に持っております。

すべて、わたしの主観ですからご自分で試打することは絶対に必要ですよ(ΦωΦ)フフフ…

 

というか、このドライバーは今年の2月発売なので、目新しくもないし実際打ってみた人も多いかと思いますが、個人的な感想ですよ♪

 

www.gp-nexgen.jp

 

これは公式サイトですが、わたし暇だったんでPOINT使ってグローブ買おうかなと思って、たまたまゴルフパートナーに行ったのです。

多分1年ぶりくらいじゃないですかねえ。

すると新しいドライバーが展示されていたので、「おっ!」と思って見てたんですけど、店員さんが「どうですか~?打ってみますか?」とか言わないので、自分から「これ打たせてもらえるかな?」と聞いたんですけど、帰ってきた答えが衝撃でした。

 

「これってヘッドスピード48m/s以下の人はお断りなんですよ~!!(・∀・)

うちのスタッフが試打して、そういう結論になりまして~(・∀・)」

 

f:id:nakasadax:20170408145256p:plain

 

わたし久しぶりに目が点になりました。

というかゴルフショップで、クラブを眺めてる段階で「お前には絶対にムリだから売らないよㄟ( ▔∀▔ )ㄏ」とか言われたことないわ.....。

 

 

よく試打クラブを見ると、ヘッドのとんでもない場所にボールの傷が付いていて、わたしの前に打った人は、ちゃんとボールに当たらなかったようでした。

まあ、それでも思って「打たせてくれよん」と頼むと(買う気もないくせに)スタッフが快く了承してくれました。

 

ゴルフパートナーはゴルフ5とはシュミレーターが違うんですけど、まあ、機械の設定が甘いことは、どのショップに行っても同じなので、あまり鵜呑みにしないでくださいね。

というかシュミレーターの使用料5球で100円でしたけど、打たせてもらえるんなら無問題だね。

 

カゴに入って軽く素振りをしてみると、そんなに重さは感じなかったけど、これは普段練習で使っているわたしのドライバーが320gくらいはあるからだと思う。

練習用のドライバーだけど、ヘッドはテイラーのSLDRでシャフトは三菱レーヨンのDiamana70gのXでグリップはゴルフプライドで40gくらいあると思う。

なんせ現段階ではラウンドすることよりも体力アップを狙って、普段重いクラブで素振りをしたり、ボールを打っているので今はクラブの重さは感じるが、振れないこともないことを最初に書いておきます。

 

うーん、またもシャフトの挙動が普通のクラブと違うな.......。

そうです、このクラブ純正のシャフトが付いていたのですが、フレックスはS表示のワンフレックスなんですよね。(この路線いつまで続けるんだろうな?)

 

普段は手元調子で硬いXシャフトを使っているので、正直しなりはほとんど感じないというか、わたしのヘッドスピードでは、しならないのですが、これは少し違う感じがしました。

ヘッドは感じるんですけど、走る感じもしなければ遅れるような感じもしなかったです。

確かドライバーのスペックは、ロフトが9.5度でシャフトは60g台だったです。

 

何となくシャフトが長いと感じたので、長さを聞くと45.25インチなので、普通でした。

 

とりあえずボールを打ちましたが、ヘッドスピードが48m/s以上ないと飛ばないと事前に通告されていたので、ガチでブッ叩いてきましたよ♪

 

わたしショップでガチでドライバーを打つ時は、マン振りするというよりは、ドライバーヘッドを割るつもりでスウィングすること(割れっこないけど)にしてますんで、ボールがダイヤモンドよりも硬い物体だと思って思い切り叩いてきました。

 

ドーン、籠なので3m飛んだらネットに当たってシュミレーターにボールが飛んでる軌道がアニメーションで映し出されました。

というかセガのGO!GO!GOLFなんだよねw

 

f:id:nakasadax:20170408140707p:plain

 

最初のボールはスライスして256ヤード飛びました。

わたしの場合ドライバーの好みは、最初の1発で決まってしまうことが多いのですが、またも「何だ、このシャフトは?」という感じでしたね。

先に重いヘッドが付いた棒ですから先端がしなるのは当たり前なんですけど、ボールがやたら強い印象でした。

普段は練習場のボールを打っているので、ソリッドボールだと初速が速い感じもしたわ。

 

まあ、10球前後打って最終的に48m/s出しましたけど、この機械ですからね。

あまりアテにはならないかもしれません。

平均で、かなりスライスしてたけど、260ヤードくらいだったかな。

一番飛んだ打球で266ヤードでした。

 

広告

 

トレーニングモードで画面表示を見るとヘッドスピードは46~49くらいで、練習を再開したこの時期としては、かなり速めだったので、かなり補正がかかっているかもしれません。

(というよりも、この後練習場でPRGRの機械で計測したら44m/sだったわ)

 

まあ、ヘッドスピードがあったほうが飛ぶというよりも、振れば振るほどよく飛ぶクラブですね。シャフトも全然暴れない感じで好感触だったですかね。

ただしボールは上がらないです。

画面データでバックスピン量が3000rpm以上あっても吹き上がらない中弾道だったので、最近のドライバーにしてはヘッドのスペックがどうなってるのか、その時点では知らなかったので珍しいなとは思ったけどね。

今のドライバーだと、かなり開いて当たらないと2500rpmくらいまでしか上がらない印象ですけど、まあ、テストデータなので、どこまで本当かは分からんけどね。

 

この純正シャフトはええなあ.....。

f:id:nakasadax:20170408145217p:plain

 

また前回と同じようなこと書いてますけど、練習で使いたいくらいの感じです。

今のわたしの体力だとラウンドなら、振り遅れてプッシュスライス連発するのは、目に見えてるからなw

 

ただし、ラウンド中に普通にスウィングして(気合を入れなくとも)ヘッドスピード50m/s以上は簡単に出るよという人には非常に使いやすいシャフトだと思うわ。

 

というのもインパクト付近でヘッドの挙動が素直なので、その人のスウィングなりにボールが出ると思う。

妄想だけどデカいキャリーで飛ばすというよりは、突き刺さるような中弾道でランが出る重いボールだろうと感じた。

シャフトは加速装置ではないのだが、近年シャフトの製法が進化してからは、自分の意図以上に走るシャフトが増えた気がするので、こういうシャフトが好きな人にはいいが、振ったぶん以上には走らない素直で穏やかな挙動がいいという人には受難だったと思う。(個人的な感想です)

 

まあ、店員さんの意見では、他にも50gのシャフトもあるし、ロフト10.5度なら弾道も上がるので、もう少し距離を稼げるという意見だったけど、多分、別物だろうから試打クラブがあったら打ってみることをオススメしますねえ。

でも中弾道だから不満もないけどねえ。

あなたが普段ドライバーで250ヤードくらい飛ぶんだったら、このスペックで問題ないかと思うね。(少し重たいけど)

 

普段の推定飛距離が280ヤードくらいの人向けドライバーであることは間違いないですが、シャフトが選べるので(スリーブじゃないけど)ヘッドが気にいったら使ってもいいかと思いました。

 

しかし、ゴルフパートナーもこんなニッチなドライバーをよく作ったなw

 

時代と逆向してないか?

ドラコンプロをたくさん抱えてたころだったら、分かるけど一般ゴルファーは使えないようなシャフトだしねえ。(力があって若い人にはいいと思うが)

言うなればコンペのドラコンをよく取る常連の人にしか使えないようなドライバーです。

 

www.gp-nexgen.jp

まあ、普通に100を叩くわたしのレポよりもNEXGEN(ネクスジェン)のアンバサダーの意見のほうが参考になると思いますよ。

 

f:id:nakasadax:20170408145107p:plain

前も書いたけど、このエリアが一番飛ぶんだよ。

f:id:nakasadax:20170408145139p:plain

 

チーフプロダクトデザイナー  宮城 裕治(みやぎ やすはる)

1962年、東京・江戸川区生まれ。(有)クールデザイン代表。 
フォーティーン勤務時代にツアープロ用のクラブ開発に携わり、名器「MT-28」を開発。2006年に独立して(有)クールデザインを創設。ヘッドデザインやソール形状など、使用プロのスイングに最適なクラブ設計を行い支給することで多くのツアープロ、トップアマから支持を受ける。プロギアより発売の「MTI」、ヨネックスの石川遼プロ専用モデルなど、クラブメーカーのウェッジやクラブ開発を手掛け、多くのヒット商品を生み出してきた日本を代表するクラブデザイナー。

 

(注 ええとルール違反ですけど、NEXGEN公式サイトから画像はお借りしています。宣伝なんで勘弁してくださいね。)

 

これねアイアンからウェッジまでフルラインアップなんですよね。

ですからドライバーだけでなく上級者好みのクラブという感じは随所に感じられます。

わたしが以前紹介した『NEXGEN万人向けなんですけど、このクラブは普段練習してラウンドも頻繁にする人向けでしょうね。

ちょっとドライバーに苦手意識を持ってる人には使えませんし、そういう層は狙っていないようです。

JET BLACKドライバーは定価で6万9000円ですか。

わたし50gのシャフトのほうは試打クラブがなかったので、打っていないのですが、買うとしたらそちらですかねえ。

技術も体力もないんでね。

 

ヘッドの重量が202gでシャフトが68.5gで総重量が319gと、一昔前のハードスペックなドライバーみたいな感じですけど、こういうのが好きな層もいますからね。

 

まとめ

 

確かにヘッドスピードが速いほうが、このクラブの性能を活かすことができるとは思うんだけど、別にヘッドスピードが48m/sもなくても使えますよ。

シャフトが60gだと普通のシニアには、正直ボールが上がらないかもしれませんが、50gのほうはトルクが4.2あるし若干軽いので、違う感想になると思います。

そうですねえ、競技ゴルファー向けというか、中上級者、普段ラウンドの回数が多い人には、文句無しにオススメです。

ええとゴルフパートナー的には、スパイシーゴルファー向けですね。

 

あとは、わたしのようにドライバーが好き好きで、たまらない層ですかねw

わたしは、今は体力がなくてやりたくてもできないんですけど、昔だったら、この手のドライバーは300ヤードある練習場に直行して、ブンブン振り回したいんだよな。

こういうドライバーで芯を食った感触って、ホントたまらんのですわ。

目的が全然違いますけどね(笑)

 

まあ、1日ラウンドしてスコアが100でも、ドライバーが他の誰より飛んでいれば満足という人(いないと思うけど)には、楽しいクラブかもしれません。

まあ、間違って買ってしまっても、このクラブが完璧に振り切れるようになるまで練習すれば、ヘッドスピード50m/sが出るのも、若ければムリではないかもしれません。

完全にお金と時間の無駄ですけどね。

 

今はクラブの買取制度が充実してますけど、20年以上前は打てるまでひたすら練習するか、底値で売るかしか選択肢がなかったんで、わたしはひたすら練習場に通いましたが、今は自分に合わないと思ったら即売ったほうが無難ですわ。

 

シャフトがワンフレックスでS表示ですけど、わたしが使っている練習用Diamanaの70gのXと感覚的には、何ら変わんないですからね。

ですから、見た目が気にいってアベレージゴルファーが買うのであればロフトは10.5度でシャフトは50gの方を選ぶか、オプションのカスタムシャフトを選ぶのが無難でしょう。

Tour ADとかDiamanaとかSpeederもありますけど、ハードめだな。

これらのシャフトを使い慣れていれば、こちらの選択肢もアリでしょうけど、普段練習しないタイプのゴルファーには、やはりハードルが高いかもな。

 

久しぶりに試打レポ書いてみましたけど、ほとんど個人的な主観で書いているので、いきなり買ったりしないでゴルフパートナーに行って実際打って試してみてくださいね。

同じブランドでも、NEXGENドライバーは、誰でも打てますけど、JET BLACKは使い手を選ぶんでね。

 

それでは、また、ドライバーを試打したら記事にしますね。

楽しいゴルフライフをお送りくださいね♪

 

 

参考に前の記事も貼っておきますね。

www.nakasadax.net

 

広告

 

 

 

 

 

All's Well That Ends Well by @nakasada