読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@なかさだの「終わり良ければすべて良し」 All's Well That Ends Well by @nakasada

日常の生活や気になるニュース、趣味のゴルフ、カメラの日記、つぶやきです。サブログhttp://nakasadaxnobel.hatenablog.com/

『背中痛、そして“心の病”も乗越えた!吉田弓美子が2年ぶりの歓喜』を読んで  ゴルフの雑談

 

どうも、なかさだです。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 フジサンケイレディスクラシック 最終日◇23日◇川奈ホテルゴルフコース 富士コース(6,367ヤード・パー72)>



一時は5人がトップに並ぶ大混戦となった「フジサンケイレディス」。最後に笑ったのはトータル12アンダーまで伸ばした吉田弓美子だった。

首位タイから出た吉田はいきなり連続ボギーを叩くも、4番、5番と連続バーディでカムバック。背中痛はこの日もひかず、棄権も頭をよぎったがキャディからの励ましもあり「ひたすら前を向いて頑張ろう」とこらえた。

そうして5人がトップタイで迎えたサンデーバックナインで吉田が魅せる。11番パー3でピンに絡めて抜け出すと、12番では左奥25ヤードを直接沈めてチップインバーディ。さらに1つ重ねて迎えた17番パー3では、ティショットでグリーンを捉えられず「神様は簡単に勝たせてくれない」とパーパットを13m残したが、「2パットのボギーで良い」と寄せに行ったパットが決まり、背中痛を忘れるほどのガッツポーズ。勝負を決定づけた。

これで「中京テレビ・ブリヂストンレディス」以来となる2年ぶりの通算6勝目。栄冠を掴むまでに乗り越えたのは背中痛だけではなかった。

それは去年の後半戦ごろから出た“心の病”。「ゴルフ場に足を運ぶことが出来なくなってしまったんです」。クラブを持つ手が震えショットもままならない。「どうしちゃったんだろう。ゴルフは大好きなのに…」。

様子を見ていた両親から「少しゴルフから離れて見たら?」と勧められたこともあり、一度ツアーからは離れて家の近くの精神科の病院に通院。もう一度ゴルフと向き合えるようにリハビリに努めた。

 

上記記事から引用しています。

 

今週は吉田弓美子が優勝したようだが、去年の後半から、あまり姿を見ていなかったので、どうしたのかなとは思っていた。

メンタル面の不調が原因だったというのは、正直驚いた。

先週は西山ゆかりが優勝したけど、去年のあの事件が発端だったのではないかと思い出しているところだったので、吉田に勝ってもらってホッとしたわ。

勝った大会が西山の地元だったので、もう完全に吹っ切れたのではないかとは思うが、ずっと辛かったんではないだろうか。

わたしは記事で取り上げたこともあって、若干責任ではないけれども、事件の拡散には手を貸しただろうから悪いことをしたなとは、ずっと思っていた。

ゴルフがしたくなくなるほど病んでいるとは思ってなかったが、ネットで知らない相手から誹謗中傷されることもあったのかもしれない。

女子プロゴルファーは良くも悪くも人気商売だし、露出も多いしゴルフ以外の話題が記事になることも多い。

当時LPGAは、まったく炎上騒ぎに対応しなかったので、疑問には感じていたが、反響が大きくて選手が選手生命を失いかけるような事態になるとは、予想もしていなかったのだろう。

というか、わたしも見通しが甘かったわ。

 

f:id:nakasadax:20170423211655p:plain

 

わたしも体験上SNSは、ちょっとしたことでこじれるというのは分かっている。

今はインスタグラムやらTwitterやらFbやら様々なSNSがあるが、投稿を限定公開でもしない限り、基本的には自分の発言であったり、アップロードした写真なんかは、全世界に公開される。全世界だ。

プロスポーツの選手や芸能人は不特定多数のフォロワーが多いと思うので、大変じゃないかなとも思う。

有名人はファンも多いだろうけど、実はアンチでもフォローしている人も中にはいるだろうし、ログをチェックしてツッコむ理由を探しているなんてことも普通にあるだろう。

SNSは自分の本アカウント以外に、別にアカウントを作れたりするので、そちらで相手を叩いたりとかは何度も見たことがある。

相手の姿が見えないというのは、かなり恐怖感があると思うが、対応は人それぞれだろう。

わたし自身はSNSを始めてけっこう経つが、確かになぜフォローされているのか分からない人も多いし、知らない間にフォローを外されていたりとかあるが、基本的には何があってもスルーである。

たまにブロックもするけどね。

コメントのやり取りがある人に、たまにリアルで会ったりすることもあるけど、まあ、ほとんど例外的な感じだわ。

 

吉田のケースだと職業がプロゴルファーなので、誰が自分を叩いているのか分からない上に試合に出続けなければならないので、かなりキツかったんじゃないかな。

普通に観戦している大勢のお客さんを見ても、犯人はこの人なんじゃないか?とか感じていたんじゃないだろうか。

沢山の人に試合を見てもらうのが職業の人間が、そう感じてしまったら、もう試合どころじゃないだろうね。

リアルタイムで居場所も顔もバレバレじゃなあ。やってられないと思う。

わたしだったら、そういう場合は面倒だし、SNSは一切放置して見ないようにするだろうけど、(退会するだろうよ)一般人と女子プロゴルファーじゃ注目度が違うから、それもニュースになったりする可能性もあるし難しいよね。

 

悪意があるかは別として、SNSでしつこく粘着する人は、常に自分は正しいと考えているような雰囲気はあるよな。

ああ、あくまで一般論ですよ。

 

ただ、わたし自身は、ストーカーの犯罪も増えているからSNSもブログにしても、個人が情報を発信することに魅力を感じなくなってきているのも確かですね。

というか警察沙汰になりそうな騒ぎを何度も見ているんでね。

初期の応対を間違えて、揉めに揉めてお互いに相手のことを警察に通報するぞなんて、今まで何度見たことだろうか。

正直いろいろ続けてはいますが、そういう騒ぎを見ていると、もういいかなと思ったことは何度もありますね。

 

話を戻すと勝てた途端、こういう記事が出るってことはマスコミだけでなく、選手や関係者は、みんな言いはしないが知っていたんだろうと思う。

そう考えると、たいしたページビューではないけども、このブログもやはり拡散に一役買ってしまったので、叩いているつもりはなかったが申し訳なかったと思う。

プレー中に身勝手で迷惑な一部のファンに「試合中だから、少しの間静かにしてくれませんか?」と頼んだだけの話が、ここまで大きくなるとは思わなかったわ。

ファンのマナーが悪いというだけの話で、選手が悪いとは全く思ってなかったんでね。

まあ、でも、事実確認もできないのに、わたしが記事にしたのは無責任だったし謝罪します。すみませんでした。

この優勝で、吉田が完全復活してくれればいいのだがねえ。

 

ここで謝っても仕方はないが、吉田とともに西山にも、間接的にでも辛い思いをさせたのなら悪かったなあと反省しています。

これからも長い競技生活が続くと思うので、2人とも頑張ってください。

 

それでは、また。

 

 

All's Well That Ends Well by @nakasada