読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@なかさだの「終わり良ければすべて良し」 All's Well That Ends Well by @nakasada

日常の生活や気になるニュース、趣味のゴルフ、カメラの日記、つぶやきです。サブログhttp://nakasadaxnobel.hatenablog.com/

『Phase One、モノクロ専用デジタルバック「IQ3 100MP アクロマティック」』を発表

 

どうも、なかさだです。

 

dc.watch.impress.co.jp

 

 

Phase Oneは、中判カメラのXFシステム用デジタルバック「IQ3 100MP アクロマティック」を発表した。価格はデジタルバック単体が税別545万8,000円、カメラボディとレンズが付属するセットが税別615万8,000円。

発売済みのデジタルバック「IQ3 100MP」の仕様をベースに、カラーフィルターを取り除いてモノクロ撮影専用とした製品。搭載センサーは53.4×40.1mm・1億画素のCMOS。感度はISO200〜51200(カラーのIQ3 100MPはISO50〜12800)。IRカットフィルターなしで設計され、可視光を超えた波長も撮影可能としている。

16ビットRAW記録に対応。記録サイズは11,608×8,708ピクセル。ダイナミックレンジは15段、最長露光時間は60分で、IQ3 100MPと同様。他のIQ3シリーズと同じく、3.2型タッチパネル式モニター、Wi-Fi通信機能も搭載している。

 

上記記事を引用しています。

 

暇だったので記事を流し読みしていたら、面白そうだったので1億画素の写真を実際に見てみたが、確かに綺麗だったけど、わたしのPCのモニターは普通のものなので4kモニターあたりで拡大して見てみたいなと思ったわ。

 

www.phaseone.com

 

まあ、プロ用のカメラでレンズ付きだと615万円という値段は、ビックリだけどね。

わたしのカメラだと記録サイズは14ビットRAWで6000x4000だけど、このカメラは16ビットRAWで11,608x8,708ピクセルと単純に考えても、ほぼ2倍の大きさなので、1枚あたりのデータはかなり大きいと思う。

中判カメラというものは、わたしはカメラで写真を撮るようになって日が浅いので、よく分からないのだが、一般的な35mmセンサーよりも大きいものを言うようだ。

さすがにこんな高級カメラには、田舎ではお目にかからないだろうと思っていて、日本のメーカーで中判カメラを作っているところはないものかと調べていたら、FUJIFILMから出てるじゃないですか。

 

fujifilm-x.com

 

コレ、ニュースで見たけど普通の高画素カメラだと思ってスルーしてたわw

というのも、わたしはレンズはニコンしか持っていないので必然的にニコンのカメラを使っているわけだが、今年は夏にD810の後継機が出るであろうというので、そちらに興味が行っていたのね。

ちなみにD810は、ニコン史上最高画質を謳ったカメラです。

ニコンのレンズといっても、マウントアダプターを使えば、新しいSONYのカメラも使えないことはないのだが、新しいカメラが欲しいわけでもないので、好奇心だけなんですけどね。

FUJIのGFXもボディーが約80万円、レンズを買えば100万円超コースなので、絶対に買えないけど、ぜひ1回触ってみたいなあ。

わたしのカメラは2430万画素だったと思うけど、普通に撮ってるぶんには、正直言えば不満はないのだ。

使っているレンズが安いこともあって、これ以上の画質は求めていないしね。

 

f:id:nakasadax:20170515201629j:plain

 (天の川だがハッキリ映ってないねw)

 

FUJIFILM 中判ミラーレス一眼 ボディ GFX 50S
 

 

ただ5,140万画素というのは実際撮ってみて、どういう感じなのかは興味があるね。

これも8,256x6,192ピクセルだから1枚あたりのデータがデカいよなw

まあ、連写はしないだろうから、そんなに枚数は撮らないだろうけど、すぐにPCのハードディスクがパンクしそうだ。

こういうカメラで絶景スポットに行ったからといって凄い写真が撮れるとは、到底思ってはいないけど、試してみたいような気はする。

ただ、現像でRAWデータを弄くり回さなくても、かなり高精度な写り方になるのは間違いないだろうし、個人的にはFUJIFILMの色はけっこう好きなので、面白そうではあるが、体感したらしたで、また覗いてはいけない世界を見てしまうような気がする。

現在出ているカメラでキヤノンの5Dsが5060万画素、SONYのα7RⅡが4240万画素で、今年の夏出るであろうニコンのカメラも4000万画素以上と言われているが、画素数がそこまでいるのかと言ったら人によって意見は違うと思う。

まあ、風景をやっている人は使っているかもしれないが、わたしのように普段手持ちでしょうもないものばかり撮っている層からすれば、手ブレにシビアで三脚が必要なカメラは面倒臭いだけだろうしねえ。

でも、写真だけが趣味で歴も長く、いくらでもお金をかけられるという人にとっては、いいカメラなんだろうけどね。

わたしみたいに一眼レフを使っていても、スマホで撮ったんですよね?とか、よく言われる腕前ではカメラが泣くわなあ。

道具としては優秀なのに使う人の腕前によっては、かなり優越は付くものだしなあ。

と、また、ただのボヤキになってしまいましたとさ。

それでは、また気になる新製品が出たら紹介したいと思います。

 

広告

 

 

 

 

All's Well That Ends Well by @nakasada